中古本のおかげで、趣味が楽しめます

昔なら、中古本と聞くと、古くさい、カビ臭い本のイメージでしたが、最近では、大手の古本屋さんのおかげで、中古本といえど、見た目は、全く分からないほどきれいな本です。しかも、種類は豊富、入りやすい店舗。これは、読書大好きな私にとっては、とてもありがたいことです。新しいものを買うと一冊500円ほどする本が、150円〜200円ほど。安い時には100円で売っています。読書は好きなのですが、一度読んだ本は、二度と読まないし、通勤途中にも読書、家に帰ってきても寝る前まで読書。さらに、休みの日だと、一日中読んでいるので1ヶ月で結構な冊数になってしまいます。たった一度読むためだけに、500〜600円は、結構キツイのです。しかし、中古本のおかげで、心おきなく、たくさんの小説が読めます。そして、読み終えた本。これまではもったいないので、全て置いていました。なので、本の収納に困ってきていました。しかし、これは、元々が中古。もう、いらない。と、思えばいつでも処分できます。そして、中古本屋さんでは、中古本を売っているのだけではなく、読み終えた本を下取りしてくれるのです。なので、これまでの本、全て下取りに出してしまいました。中には、下取りしてくれない本もあるし、下取り料はとても安いのですが、捨てるよりはマシです。部屋もスッキリとし、一石二鳥です。これまでの暗いイメージを無くした中古本屋さん。これからも、どんどん作品数を増やしていってほしいです。これからも、中古本をたくさん買って、大好きな読書を楽しみたいです。私の毎日の楽しみの趣味、読書。これからも、中古本屋さんに通ってたくさんの本を読んでいきたいと思っています。