中古赤本の買取はできる?中古本について

暇を見つけて文庫本をずっと買っていました。当時は、あまり図書館を利用せず、本屋で新本を買っていました。文庫本ですから5、6百円位の安価なものばかりです。でも、しょっちゅう買っていたので、だいぶ冊数は増えました。大人になっても、文庫本を買い続け、かなりの冊数になりました。社会人になり引越しをする事が多く、段ボールにまとめると2、3箱になります。どれも読み返すわけでもなく、引越し先で段ボールを開けるわけでもなく、そのままずっと放っておかれた存在でした。段ボールに詰め込まれた本ほど重いものはありません。本当に引っ越しのたびに大変な思いをしました。ある時、思い切って処分することにしました。本を売るのはなんとなく罪悪感があってできませんでしたが、このままでは床が抜け落ちかねません。なん十冊とある本ですから、だいぶ良いお値段になるとほくそ笑んでいました。1,2万ぐらいになるかと期待して、重い本が入った段ボールを担いで中古本店に行きました。結果、確か千円円ぐらいだった記憶があります。ほとんど値段がついていなかったり、値段がついても1円ぐらいだったりと結果は惨憺たるものでした。中古本の売り場を見れば、私が売りに出した本もあまり見劣りせずに、十分に売れる状態です。百円や2百円位で販売されていて、なんだか馬鹿にされたような気さえしてきました。でも、せっかく持ってきたのだし、持って帰るのが面倒で、もう読むこともないと思い、売りに出しました。捕らぬ狸の皮算用とはこういうことを言うのでしょう。せっかく集めた本も10分の1以下の価格で売られてしまいました。その後は、中古本店で本を売ることはありませんが、買う側として時々利用しています。買う側に立てば、家計に優しいので大助かりです。
ちなみに赤本の買取はこのサイトでできます。処分したい中古赤本を高く売る方法はコチラ参考にできますね。